メニューをスキップして記事へ


ここから記事

団体概要

名称

一般財団法人 綾部市体育協会

所在地

〒623-0037
京都府綾部市並松町上溝口14番地 綾部市市民センター内
TEL:0773-42-0682 FAX:0773-21-4885

地図

 

基本方針

 本協会は、市民の体力の向上と地域スポーツ、生涯スポーツの普及・振興・発展を 図ることを基本方針とします。
「だれもがスポーツを!」を合言葉に市民のだれもが気軽に参加し、スポーツを楽しめるように各種の事業を開催すると共に、総合型地域スポーツクラブの課題に向けて整備し取り組んでまいります。競技力向上においては、四都市体育大会、府民総合体育大会等での上位入賞を目指し、指導者の養成、選手の育成・強化を図ります。綾部市指定管理者、体育施設管理委託業務の遂行に併せ、市民サービスの向上とスポーツ施設の利用促進及び充実を期するため府、市、関係機関ならびに加盟団体と連携を密にご協力、ご指導を得ながら施設管理に万全を期す決意でございます。

 

事業計画

 1『だれもがスポーツを!』

1)だれもが気軽に参加できる事業を計画t、市民にスポーツを楽しむ機会を広げ底辺の拡大を図る。(本協会主催大会および共催大会)

2)生涯スポーツの普及、振興を推進する。(各加盟団体)各種スポーツ事業を実施し、市民の健康づくり、体力向上を図る。

 2 各種大会(競技会)、講習会の開催各加盟団体の年間事業計画実施

 3 スポーツ少年団の育成指導、交流会の実施

 4 スポーツに関する啓発啓蒙

1)体育協会だよりの発刊、体協HP開設、掲示板の活用、ポスター等の貼付
2)市広報、市自治会、新聞等に大会案内、記録など掲載

5 綾部市より委託されたスポーツ振興業務、および(財)京都府体育協会より助成金によるスポーツ振興、競技力向上に関する業務を行う。

1)四都市体育大会(春季・冬季)に関するもの
2)京都府民総合休育大会に関するもの

 6 綾部市より指定管垣者制度導入による体育施設管理委託業務の遂行

1)体育施設受付業務及び運営、維持管理
2)体育施設の利用推進とサービスの向上

 7 スポーツ指導者の養成実技の指導、講習会等の実施(各加盟団体事業)

 8 その他、本協会の目的を達成するための必要な事業を行う。

1)地域のスポーツ振興助成(12地区)
2)京都府を代表し近畿、全国大会出場団体、個人の激励

 

 定款(抜粋)

第1章 総則

(名称)
第1粂 この法人は、一般財団法人綾部市体育協会という。 

(事務所)
第2粂 この法人は、事務所を京都府綾部市並松町上溝口14番地綾部市市民センター内に置く。 

第2章 目的及び事業

(目的)
第3粂 この法人は、社会体育の振興普及と市民の体力の向上を図り、明るく豊かな市民生活の形成に寄与することを目的とする。

(事業)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)綾部市の体育・スポーツ団体の育成指導を図ること。
(2)競技力の向上を図ること。
(3)体育・スポーツに関する調査研究並びに啓発指導すること。
(4)各種体育行事を開催し、またこれに協力すること。
(5)体育・スポーツ指導者の養成を図ること。
(6)少年スポーツの育成指導を図ること。
(7)綾部市及び財団法人京都府体育協会その他の公共的団体から委託を受け、スポーツの振興に関する業務を行うこと。
(8)その他目的を達成するために必要な事業。

 

[名誉会長]
由良源太郎

[顧問]
村上一清

[会長]
由良大司

[副会長]
畑島正嗣、小寺哲朗、神原佐枝子

[専務理事]
大槻進

[理事]
片岡英晃
杉本雅樹
四方康之
大槻達雄
志賀幹彦
山中大介
西村文義
近澤豊明
村上信哉
山内三弘
酒井雅道
伯耆定保
小瀧哲朗
畠中重明
安藤和明
川北徹
小林敏和

[監事]
森貢
岡垣美樹

[評議員]
野瀬井常樹
小林昌宏
岡田利行
白羽瀬巧
酒井貴弘
吉崎信一
天野将明
出口剛
搗頭重行
大槻裕子
大脇純
牧野裕晃
立藤聡
四方敏之
上原道啓
伊治昌則
藤原秀夫
渡部博夫

 

体協シンボルマークの由来

綾部市を象徴する市の鳥「イカル」をもじってAYABEの頭文字Aを表し、図柄はヨーロッパ中世に見られるようなシンプルなデザインにした。下地は赤・青・緑の三色を斜に彩り、イカルを浮き立たせた。赤は丹の国にふさわしく燃える情熱を、青はゆるやかに流れる由良川の清流を、緑は豊かな田園を象徴している。山紫水明の田園都市にマッチしたシンボルマークとした。

 

 

 

|

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ


ここからサブメニュー2

サブメニュー2をスキップしてフッタへ



ここからフッタ